スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韋駄天ドドブランゴ(準備思考)

リアルが忙しいためあまりインできていません…ZAKUです。
今週はHC武器作成に忙しくなる予定なのになかなかできなくてイラついちゃってます。
 
さて、来週からまた祭りですね。
今回は団として参加表明は当然しますが、俺自身の参加は検討中ですね。
我が団のノルマは1000魂とやさしい数値になってますが、それさえ怪しいので迷ってます><
 
で、祭りがあるので韋駄天杯も来るわけです。そんな訳でHC武器がほしいんですよねwww
とりあえず今回は30位以内を目指しつつ頑張って10位以内の入賞したいですね。(10位以内ってのはHC武器が完成する前提ですけど…)
 
ではサクッと作戦やらなんやら書いてみたいと思います。
団韋駄天【太刀×ガノトトス】
ガノトトスは腹の斬肉質が100となっていますから、腹へ縦切りや気刃斬り(こんな字だったっけ?)のラスト等をたたきこむ、または斬肉質50の足を狙って転倒→腹といった流れかどちらかになるんじゃないでしょうか。
ポイントは体当たりと回転攻撃を避けつつどれだけ粘着できるかだと思います。ガノトトスは距離がある相手に対してブレスをしてきますので、そこを攻めたいところですが、はいずり攻撃が来る確率も高くなりますので腹下粘着がいいかと思います。
ある意味最大のポイントは太刀×4という状況下でいかに邪魔し合わない事かもしれませんねwww
 
個人韋駄天【ドドブランゴ1頭とブランゴ4頭】
詳細不明のブランゴ4頭とかいう謎のマストがありますから何とも言えませんが、まず最初のリタイアポイントはドドブランゴが潜った時でしょうかねwww
ヘビィ→本気、ライトと弓→息抜きw で行きたいと思います。
 
ヘビィの最適はHCのインティアム・ロアかな?って思いますが、ブランゴ4頭ってのが気になります。ドドブランゴの弾肉質は頭75、胴40、腕30となっています。
 
メイン弾の思考は下記の通りです。
通常弾
メリット:頭の怯み値計算をしやすい、装填数が多い。
デメリット:エイムにかかる時間が多くなる。
 
貫通弾
メリット:ヒット数がだせれば威力が高い。
デメリット:ブランゴどもを清掃しにくい、怯み値計算がざっくり計算になる。
 
散弾
メリット:エイムにかける時間をなくすことができる、ついでにブランゴ清掃が可能。
デメリット:怯み値計算がほぼ不可能、頭に集弾しないと威力が不足なる。
ちなみに属性が火と雷が頭に15となっていますので属性弾は検討から外してあります。
 
そんな訳で4頭を散弾で清掃しつつドドブランゴも攻撃したいと思った場合インティアム・ロアは散弾が使用できないため最適でない可能性もあります。またドドブランゴは意味不明なサイドステップをしてきてエイム調整にかかる時間が無駄になるため散弾が撃てるヘビィが最適になる可能性も0ではないです。となればレア度を1つ落としてHCガノスミンティって可能性もあります。
 
まぁここまでは机上の空論で話してますので、後は実践でどこまで各弾種で理想の射撃ができるかがポイントになりますね。
 
それでは皆さま、神速の狩りを♪
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/93-57500708
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。