スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡なんかじゃない1

はい…スト鉄拳が本当に勝てませんね。ZAKUです。
友人Aに『ランクBってwww』とか言って舐めてましたが、今はランクBの人と当たったら開幕からごめんなさいしますw

全く勝てないため友人Bに相談する。いや…キャラ差じゃないかとw
飛鳥さんが足引っ張りまくりでどうにもならない気配なのだ。

すると友人Bが言う。

キャラ差なんて言い訳だよ。同キャラ対決なら勝ったん?

グゥの音も出ないとはこの事だ。
そして友人Bに稽古を付けてもらう…当然銀冠相手なので勝機さえ無くやられてしまったが、友人Bが言う。
確かにカズヤが上手く中下段分けながら厳しい攻めが出来てる。ただ飛鳥が体力が低く、カズヤも高く無い…防御面が悪くこのパートナーで勝てるようになるのはかなり上達した先か…

そして…ついに飛鳥さんとはいったんさよならし、友人Bにクマを進められる。

…。

色物かよっと侮っていたが、友人Bと対戦して、その桁外れな破壊力とタフさを知る。
リュウのスーパーアーツである真空波動拳はゲージ2消費で威力は300である。クマはEXメガトンクローからのコンボで1ゲージ消費の300ダメージが『簡単に』でる。前段のコンボから合わせれば400近いダメージがでる。

このクマとカズヤのコンビでひたすら練習をする。オンラインでもやられまくって学んだ。
そして勝ちが付くようになった。友人Bの秘策を前に数々のランクDを沈めた。私も沈められたw

そして昨日…友人Aに勝負してきた。友人Aのコンビはリュウとリリ…分かっていたので友人Bから作戦を預かっていた。
開幕すぐに風神ステップ連打から下段中段のコンビネーションを繰り出し奇襲すると、泡食ったようにこれが当たる。そこから近中距離を置いて中段下段の攻撃を当てて行くとたまらすリュウが強引に昇竜拳をガード越しに当ててキャンセルチェンジする。
そこからリリに投げられ、さらにキツイコンボを食らってしまいピンチになるが…作戦通りなので焦りはなかった。
その後カズヤで少し反撃してクロスチェンジでクマを出す事に成功する。作戦通りのビックチャンスだ!
クマは動きが遅くリリのように速いキャラ相手だとキツイ…キツイがそれは必殺ゲージが無い場合。
このスト鉄拳には各キャラにジェムと言う条件を満たした時にボーナスが付く機能がある。
カズヤさんには必殺ゲージを溜めるジェムをガッツリ付け、クマは攻撃アップをガッツリ付けてある。
このクマでやる事は一つ…
クマが超体力である事とEXメガトンクローがスーパーアーマである事を利用してリリが攻撃に来るのに合わせて強引にコンボへ持っていく。それからEXメガトンクローと入力投げを盾にゴリ押しする。そう…これは低体力のリリを狙いチェンジさせないまま仕留める作戦なのだw
これが面白いようにハマっリリ秒殺www
そして2戦目はあえなく撃沈。だがこれも作戦通りだった。相手にゲージを使わせ、自分はゲージを残して3戦目を迎える。

3戦目…運頼みの一か八かの勝負だ。
開幕牽制の波動拳に合わせて飛び込みいきなりクロスチェンジに成功して一気にクマで襲いかかる。
リュウの体力をガッツリ減らす!
そう…ここの標的はリュウなのだ。しかしさすがはランクBの男…昇竜拳に竜巻を使って逃げられてしまう。

が…このパターンも想定済みだった。こちらもカズヤに変更し、クマの体力回復に回る。ひたすら下段足払いだけで守りまくるカズヤ。

リリの猛攻は止まらない。

そして強引にクマへ変更し、1コンボを喰らうも、必殺ゲージがあるクマ相手に友人Aの猛攻が止まる。

徐々に過ぎる時間…

そうこの3戦目の作戦ははなからタイムアップの逃げ切りだったw

焦り始めたリリの安易な飛び込みをEXベアスピアで弾き返しコンボを叩き込み勝負あり。タイムアップで残体力が多い私の勝ちだ!

友人Aかボソっと言う。
クマ…トラウマになるわぁ…

会心の勝利だった。だか、その後10戦近く遊んだが私の勝利はなかったw

でも…この1勝は奇跡なんかじゃない。
練習し作戦を立てた計画的勝利だ。そう…奇跡なんかじゃない。
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/419-fb10903a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。