スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一蓮托生の心意気やよし!

なんとか来たる5月23日大型アップデートまでに進化派生後Lv95くらいまで進化ヘビィを進められる算段が立ちました。ZAKUです。
進化ヘビィの詳細が分からない以上5月23日に派生させるかはわかりませんが、最終攻撃力さえ分かれば特殊弾無視して見えている性能で派生させられそうですけどね。
 
さて、大型アップデートで進化ヘビィを担ぐために最近はずっとラヴィに通っていますが、ラヴィのシステムは当然ラヴィ討伐というのが大義名分でありますが、中身は各PTで貢献Pを稼ぐ内容となっています。基本は部位破壊と1フェーズ固定の貢献Pで稼いで行きますが、高速化しているラヴィで毎フェーズ全破壊は不可能です。そのため最終フェーズ等の時間がとれる場面で再出撃を狙う必要が出てきたりします。
部位破壊貢献Pは絶対評価ですが、再出撃は相対評価となっています。(再出撃するPTがいれば必ず再出撃できないPTが生まれます)
これらを考えると基本PT固定で1ラヴィは進行しますので、そのPTとは一蓮托生とも言えます。100万P行くのも、行かないのも皆一緒という訳です(こっそり開拓で自分だけ100万P達成…というのは見なかった事にしておくのがベストwww)
 
そんなラヴィですが、昨日ふらりと野良でラヴィに参加した時の事でした。
なんとかこのヘッポコヘビィガンナーを拾ってもらい、無乙で回復も3フェーズ目に秘薬を1回飲んだだけと言う私にしては会心の立ち回りの最中でした。
最近のラヴィではラヴィが潜ったりしてやることがない時以外はあまり麻痺無効を笛は吹かないのですが(そんな時間あったら殴れって事かな?)会心の立ち回り中でちょっと調子こいている私は尾により過ぎていたためバチっと麻痺して倒れ込みました。そしてそれと同時に一撃必殺の尻尾ふりが来る…
殻破壊前である…こんな重要な1シーンで私はなんというミスをしたんだと、自分を戒めつつごめんなさいチャットを準備しました。
 
すると…信じられない光景が私の目に飛び込んできました。
 
1人の双剣さんが尻尾から逃げるどころか尻尾に向かうようにして私の元へ走ってきたのだ!
助ける気か?無理だ…間に合わない。そう思うも双剣さんは手際よく小タルを置いてダイブで尻尾を避ける。そして…
 
見事に私は小タルに吹き飛ばされて尻尾を潜った。折り返す尻尾もダイブで凌いで事なきを得た。
 
生きるも死ぬも一緒…と言わんばかりの救出に感動しました。
 
まさに一蓮托生である。
 
その双剣さんはその後も乙どころか回復支援さえ全く受けることなく戦う一騎当千の活躍でした。私は無乙ながら秘薬5つ使用し、助けてもらってなければ1乙という内容…これでも会心の立ち回りだというのだからまだまだですね。精進したいと思います。

それでは皆さま、楽しい狩りを♪
 
P.S
ラヴィの小ネタを2つほど
わずか数秒を争うことになる高速ラヴィで活きる細かいネタですが、まずはアイテムボックスの整理です。これはほとんどの方がやっているかと思いますが、やっていないとクエ出発に遅れるので是非実施していただきたい。細かく言うと最も取り出す事が多いアイテムを1ページ目左上にしておき、開いてすぐにとれるようにしておくとスムーズに行けますね。
そしてもう一つはラスタの同行をoffにする事です。これまた細かいネタですが、クエ終了時のリザルト画面が1つ少なくなるため広場への帰還が早くなります。そんな僅かな時間と思われるかもしれませんが、クエの貼り主になればこのわずか1秒の差で貼り負けを貼り勝ちにできると思えば効果は抜群だったりする。(実際にやってみると分かりますが、結構時間短縮できます)
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/333-e4b9330d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。