スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビィガンナー物語 中章~絶島の絶望と希望4~

前回議事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-251.html

盛大な祭りで二日酔いになったポルルは寝ながら考えていた。ヘビィボウガンという武器の欠点である大量の火薬を爆発させた後に出る熱について…。
ライトボウガンは撃った火薬熱をリボルバーの回転力に変えて回転力を増していく。熱限界が来るまで撃ち続ければその連続した弾は圧倒的な数となる…。ライトは火薬量が少ないため可能だが、ヘビィではできない。熱暴走で弾倉が爆発してしまうからだ。
ヘビィはその熱を別場所に留めて撃つ排熱弾がある。火薬量の少ないライトにはできないものだが、バレルの構造上弾の威力が落ちるという欠点がある。

ポルルは考えていても仕方が無いと思い、昼ごはんを食べに出かけた。
ランチを頼むとドッカンスープなる危険な香りがする食べ物が出てきて困ったが、以外にも美味だった。そんなスープを飲んでいると、コック達が話し始める。
 コックA「あの圧力鍋限界だろ」
 コックB「ああ、途中で圧力抜けて水蒸気すげぇ勢いででるよなwww」

そんな会話からポルルはヒントを得た。

弾の威力を決定するのは火薬とそれに耐えられる銃の構造である。ポルルは火薬が爆発する深部に圧力をかける事で威力を上げられるのでは?と考えた。そして熱を深部にとどめながら圧力をかける事で弾の威力を撃てば撃つほど上げられるのでは…と。
ポルルは母が昔使っていた自前工房がある事を思い出し早速故郷に帰還し工房に篭った。
ポルルは大量の素材を使ってしまったが、ついにこれを完成させる事ができた。

ポルルは完成したこの武器を【トライアウト】と名づけた。
撃てる弾種は通常弾Lv2・麻痺弾Lv1.2のみという脅威のシンプル構造だ。
リロードする際に熱暴走するためリロードと同時に熱を抜く構造にしてある。残念だがリロード分までしか熱を圧縮することはできなかったが、圧力をかけ続けた熱によって通常弾は5発目には貫通弾でも撃ち抜けない木を粉砕し10発目には岩すら粉々にする。その圧倒的な破壊力にポルルはこの技術を他言しないよう心に誓った。
しかし残念ながらこの技術は後に国同士の戦争で城門破壊兵器に使われるという悲しい結末を迎える。

ポルルは翌朝にリンクスやユウェルにあいさつして出発しようとこの日は就寝した。

つづく
MHF Xbox360・攻略ブログ
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/259-d9b8d121
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。