スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビィガンナー物語 序章~ハンターへの道6~

前回記事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-230.html

特別講師として来たのはポルルの母親だった。
ポルルは何が起きたのか分からなかった。

 ウォーレン「お前らこのお方がヘビィボウガン秘伝極みの称号まで取られたユイさんだ!」
 ポルル「母さんが!?」
 ユイ「次ここで母と呼んだら頭ぶち抜くからな」
 ポルル「…はい」

そこにはいつも家でご飯を作る母はいなかった。でもこれで父が母に従う理由や教官が家で驚いていたのも分かった。

それからヘビィボウガン組は実践からはなれる事になった。
基礎体力の向上、精神力の向上、記述力の向上の3点を徹底的に強化した。
その内容は熟練のハンターでも逃げ出すものだった。また、殴る蹴るといったスパルタでユウェルは毎日泣いていたしリンクスもボコボコにされていた。ポルルにいたってはヘビィボウガンで殴られ流血するほどだった。何故か教官のウォーレンも参加させられていたw

そして約1年半が経過した。

 ユイ「まさか全員ついてくるとはね…いや、ウォーレンは脱落したかw」
 ウォーレン「それは言わなくていいでしょw」
 ユイ「もう教える事はない!学校生活残すところ半年…ここから先は3人で現場へ行きまくれ!」
 ポルル・リンクス・ユウェル「はい!」

訓練が終わり解散する寸前に教官が3人に聞いた。

 ウォーレン「よく耐えたな…お前達の今の夢はなんだ?」

しばらく間をおいてユウェルから答え始めた。

 ユウェル「私…レジェンドラスタになる」

レジェントラスタとはラスタのはるか上に存在する伝説のラスタの事。

 ユイ「いい夢だね♪ユウェル…お前ならなれるよ」
 リンクス「俺はギルドハンターの夢は変わっていない。世界中のモンスターを狩って回りたい」
 ユイ「リンクスなら特命ギルドハンターにだってなれるよ」

特命ギルドハンターとはギルドハンターをまとめる総括の事

 ポルル「俺は…世界一のヘビィガンナーになる!」

それはポルルがバックの夢を引き継ぐという宣言であった。

 ユイ「ほう…面白いね。まずは世界中回ってきな!」
 ポルル「はい」

こうして3人は夢を再確認し、残りの半年間を全力で狩りまくった。
半年で受けた依頼の数は116件、失敗はたったの1回だった。その失敗は捕獲依頼で討伐してしまったものだった。

そして3人は卒業式をむかえる…

つづく
スポンサーサイト

コメント

学園ラブコメ的な物は?

(´・ω・`)ショボーン
2011/10/30(日) 18:37:51 |URL|*Duo* #- [編集]
更新楽しみにしてます(*´ω`*)

ヘビィSR600ほしいです(´・ω・`)
2011/10/30(日) 19:47:57 |URL|SR200くらい #- [編集]
> 学園ラブコメ的な物は?
>
> (´・ω・`)ショボーン

ラブはヘビィに対するものだけで…いや、その意見いただきw
2011/10/30(日) 21:59:24 |URL|ヘビィZAKU #- [編集]
> 更新楽しみにしてます(*´ω`*)
>
> ヘビィSR600ほしいです(´・ω・`)

ありがとうございます。まさかの好評に困惑してますwww
ヘビィSR600頑張ってください!

SR200とかだとHC黒ディア砲あたりが作れるようになると楽になりそうですね。
自分の時はガウシカしかなかったから…><
2011/10/30(日) 22:03:29 |URL|ヘビィZAKU #- [編集]

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/231-65cff790
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。