スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出のヘビィボウガン3

ブリッツ装備を使って剛力、ガンスキル、超耳、回避、狙撃、砲術王、集中2装備を組もうとしてみました…よく見てみたらスキルオーバーでした。ZAKUです。
ブリッツ完成してからはほぼブリッツ装備ばっかり使っています。相手によって攻撃大と回避2を使い分けています。(スキルオーバーしちゃうので双方選択はできませんでした)
 
さて、思い出の銃シリーズ第3弾です。
今回の銃は思い入れのある方も多いのではないでしょうか?チタンフレ…ゴホ。アルギュ=ダオラSPです。性能についてはもはや詳しく書く必要はないでしょう。
アルギュの特徴は大して優秀な装填数ではなく、リロードはやや遅いという使いにくさが目立つ銃でしたが、毒麻痺両撃ちできる事と高会心率から毒麻痺撃ちで高いパフォーマンスを出しました。
最近ではめっきり見なくなりましたが、当時ではHR100になったらかなりの方がこれの作製を目指したと思いますし、毒麻痺弱体化前はヘビィというとみんなこれを担いでたと言うくらい多かったと記憶しています。毒麻痺の直接的ダメージが弱体化した今はこの銃はロビー装備でさえ見なくなりましたね。
 
この銃が私にもたらしてくれたものは大量の剛種チケットでした。休日に音ディアへ半日籠って数百枚とかしょっちゅうでした。今私の手元にある剛武器やFX防具のほとんどがこの銃のおかげで作れているといってもいいでしょう。
この銃は性能だけでなく、見た目もカッコよくて、音ディアで3人ずらりと並ぶ姿は何かの騎士物語に重弩隊とかって出てきそうなほどビシッとしていましたね。
当時の私は威力が高いLv2ばっかり撃っていて、いつもカラ骨不足でしたね。そして、DPSではLv1の方が強いと知ったのは毒麻痺弱体寸前でしたw
 
そんな愛用してきた銃ですが、殻王重砲が完成して以降担ぐ機会は激減してしまいました。そして、10.0シーズンで完全にその役目を終えてしまう。この銃には本当に助けられたし、お世話になった。そんな感謝の気持ちを思うと涙がでてきそうです…そんな思い出の銃でした。
 
しかし実は私…最近この銃をたまに担いでいます。
攻撃力特大、見切り4、火事場2、超耳、暴風圧、装填3、装填数、反動2、貫通強化、狙い撃ちというブリッツ装備で適性銀レウス等に突撃しています。これの良いところは、ブリッツが解除されても装填速度は3のままで、反動1に下がってもアルギュは問題なし。攻撃大見切り3高耳も問題なしという事です。そう…被弾ほぼしないんだけど、被弾しても回復しないで火事場にしてしまえば火力は落ちないんです。(むしろ上がる)粉塵飛んでくるPTなら素直に特4キープといったところ。そもそも麻痺拘束役がメインで、寄生になりすぎないように1毒、貫通で少しでも削るようにしてヘビィを楽しんでいますので火事場無しならブリッツでいいという事ですね。
適性試験でSP規制がかかったクエストなら、それなりの装備にすればまだまだ活躍する事は可能なので皆さま是非使ってあげて下さいね。(装備自由でないと使ったらダメよw)
 
それでは皆さま、楽しい狩りを♪
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/158-3808d4e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。