スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MHF以外の真面目な話

たまにはMHF以外の真面目なお話し。 ZAKUです。
 
国の要請により中部電力は浜岡原子力発電所を停止した。これによる1日の損失は7億にもなり、年間2500億の損失となるそうです。この負担で値上げは基本しないと言っているが、「いずれ」私たち顧客に回ってくると思う。また、余剰電力が足りなくなるため猛暑になると電力不足まで懸念される状況のようです。
難しい事は分からないが、ひとつ言えることは安易に原子力反対と言うのは簡単だが、国の政策で立ち上げた原子力はこれまで十数年私たちの生活関わってきた…それに反対するからにはそれ相応の負担は覚悟しなければならないと思う。
関西電力は15%節電要請をする方針を決めたとの事だが、この15%のうち工場系統への節電がどのくらい影響するのだろうか?仮に3%工場の生産がダウンしたとしたらその矛先は社員の給料に行かないだろうか?
 
安易に「原子力は危ない」というキーワードだけで動いていいのか?
 
そして…これだけ経済を止める動きをして国の負債は大丈夫なのだろうか?
 
バブル時期に発行した300兆円という無駄な負債は積み重なって900兆円にまで来ている。はっきり言って自転車操業みたいなものでここまで積み重なった借金をどうするつもりなのか?
もうすでに国をデフォルトするつもりだから経済止めてでも原子力というリスクを排除するのが先なのか?
日本の資産はおよそ1400兆円と言われ、それを負債が超える時がデフォルトのリミットと言われている。今のペースで行けば5~6年先くらいだろうか…もう政治家は諦めているのか?
※私は正直あきらめている…だから資産の半分は常に海外に置くようにしている。
 
と…色々真面目に考えて書いてみたが、所詮私はただのヘビィボウガン好きのただのハンターでしかないので、私は今日も狩りに行くw

それでは皆さま、元気に入魂♪
スポンサーサイト

コメント

Comment form

  • URL
  • comment
  • pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURL:http://4312941.blog94.fc2.com/tb.php/151-37cd2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。