スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストリコン突撃動画

とあるシューターチームの方々と対談出来て面白い解析が出来ました。ZAKUです。
色々なシューターの話しを聞けて参考になると同時にタイプと要素がある事に気が付きました。

タイプは3種あります。そしてその要素が2つあります。あくまで数人の方々のまとめなので限定的かもしれませんが…

1.カチコミ突撃タイプ
ゴーストリコンでは、このタイプの方はよくデスしますし、罠踏んでハッキングに会いがちですが、裏取り等から次々とキルを奪い敵を殲滅する等デスやハッキングのミスを帳消しにするキルを奪います。
お互いが引かない激戦で40キルとかブチかます人ですね。

要素としては本能派の人が多く、私もおそらくこのタイプです。
行けるんちゃうか?って感じたら『やあぁぁ〜』って行っちゃうんですよねw

2.アサシン堅実タイプ
基本的にクリアリングに時間を使いデス数が少ないためキルも安定している。もちろんカチコミ突撃タイプと比べると爆発的なキルはしないが安定感は圧倒的こちらです。

要素としては理論派に多く、戦況や味方配置まで視野にいれて動くようです。冷静すぎるわw

3.ニュータイプ
1の要素を持ちながら死なない、2の要素を持ちながら突っ込む…選ばれし者の境地に達した怪物ですw

要素としては上記のタイプと要素に矛盾した人が多いようですが、希少種すぎて分かりませんw

タイプと要素はゲームだけでなく色々な事に当てはまる事象がありそうですね。

ってな訳で長くなりましたが下記が本能のままぶっこんで、結果オーライな動画ですw

http://www.youtube.com/watch?v=QLS6yDXS3Jo
スポンサーサイト

理論派か本能派か?答えは双方

戦闘前は理論派、戦闘時は本能派です。ZAKUです。
MHFの記事とプレイでは露骨にそれが出てますねw

さて、ゴーストリコンです。
勝つ方法は簡単です。いつも負けてるのでその逆をすれば良いのだ。
勝てない野良チームで最も多いケースは戦線を押し上げられてしまい目標にさえたどり着けないパターンです。これが激しくなるとリスキルとなりますね。
悔しい対ロシアPTの惨敗もジワジワと押し上げられてしまい、エースが奮闘した事でリスキルまでは持ち込まれないで済みましたが、まともに目標にはまったくアクセス出来ず…。

目標確保が優先のゲームですが、撃ち合いは避けられず、戦闘力が必要です。

上手い方々の動画や過去の経験から戦闘を有利にする6つのポイントを見つけました。

1.先制する事
これは数フレームの間に数発撃ち込まれて死ねるゲームですから、先制が有利に決まってます。そして先制する時はきちんと殺れると判断した時だけです。
何故なら先制されても物陰に一度隠れて敵を捕捉しながら後出しの先制をすればかなり勝てます。つまり先制してやり逃すと殺れる原因になる…

2.動きを止めるのは10秒位内
1の先制につながりますが、待ち伏せが先制する上で簡単であり、『圧倒的』有利です。しかし、その場に留まる事のリスクはそれを上回る。
後ろや横を取られるケースのほとんどはその場に留まる事から始まります。その先制を取られた場合は十中八九死にます…

3.姿勢は低く
どの銃も姿勢が低いほど弾は集弾し、敵側からみれば撃つポイントが小さくなります。物陰に入る隙がない撃ち合いは姿勢が低いほど有利なのだ。ただし姿勢が低いほど動きが遅くなりますから撃ち合いに望む前にしゃがみ込むのか、伏せるのか、立ち撃ちで突っ込むのかは判断したい。

4.可能な限り簡易照準は避ける
3の姿勢有利の集弾率につながりますが、サイトを覗いた射撃はブレが少なくまとめて弾丸をブチ込めますから、同じ武器・同じ姿勢で正面から撃ち合ったらサイトを覗いた方が勝つ確率が高いです。

5.逃げるが勝ち
戦線突破は必須ですが、強行突破が成功するのは極稀です。不利な条件で戦う理由は無く、一度引いて迂回するなど別の手を使う勇気が必要です。
そのまま引きっぱなしはリスキルまで押し込まれる原因なので必ず別の手を使って『突破』する事が大切!

6.武器の特長を理解する
自分の立ち回りに合った武器をチョイスするのは最早腕の1つと言えます。その反骨系が凸スナでしょうw
ただ…これは永遠テーマに近いです。『あの時あの武器なら…でもあの武器だと前の撃ち合いが…』となります。それでも自分の立ち回りを考えてチョイスしたのと、みんなが使うから〜は違うのだ!

こんなところですかね?
研究・理屈ではなんとでも書けますが、実戦は難しいです。
私は特に5の一度引いて別の手を使う…これが中々難しくて、ついつい突撃しちゃってますね…精進したいと思います。

次回は久しぶりに動画をUPしたいと思います。(ゴーストリコン動画ですが…

ていうか、久しぶりにかなり長文になっちゃいましたw

熱冷めるまで…

向上心がなければ今のまま…ZAKUです。
当時団員PTで初めて剛種の壁に阻まれた時、私は剛種ソロをブログで謳いました。
これが出来れば団員も自分も前に進める…そう思ったからです。
ここから初まった向上心はチタンフレームさんにまで及んだ。
今やその当時の団員さんもフレンドさんもいませんが、上手くなりたいという想いだけはきちんと残っている。

ちょっと前の事です。

自分の中で最も盛り上がっているゴーストリコンで5人PTで遊びました。(全員日本人VCでワイワイという幸せPTだw
私を含む4人は普通の腕だが、新兵から間もない方が2人含まれている。そしてもう1人は私のフレンドさんでニュータイプの怪物的強さを誇ります。

それでも結果は連敗でした。

少数PTの組み合わせによるチームには善戦し、何度も勝利を奪ったが、ロシア人のフルPTには全くもって太刀打ち出来ず惨敗しました。

エースが孤軍奮闘する中で、私はそれを助けてあげられなかった。

ゴーストリコンでこれほど上手くなりたいと願ったのは初めてです。

そんな訳で色々な動画を見たり、自分のプレイ動画を撮って反省したりして修業中です。が、3年もやり続けたMHFのヘビィボウガンでさえ、韋駄天を含めて未熟な私ですから…苦戦しておりますw
しばらくゴーストリコン奮闘記と動画をUPしたいと思います。

ヘビィガンナーの皆さまには申し訳ないですが、しばらく私のお戯れにお付き合い願います。
この熱冷めるまではとてもMHFに手がつきませぬ…

雑記

中々熱が引かない、ゴーストリコンという熱が…。ZAKUです。
相変わらず面白いです。で、相変わらず外人フルPTには殺られっぱなしな訳です…

さて、そんなゴーストリコンですが、外人だらけの箱鯖でボッチ爆進中だった私に日本人のフレさんが4人も出来ました。
2名はたまにしか一緒に遊べませんが前線のエースです。(ガチの猛者
で、残り2人はしょっちゅう一緒に遊んでいますが、私同様苦戦中です。なのでPT組みながら勝ったり負けたりしていて、強力な外人PTには全くもって太刀打ちできませんw
それでもVCで話しながら、ああでも無いこうでも無いとワイワイやっております。楽しく無い訳がないのだ。

今振り返るとモンハンも毎日いっぱいのフレや団員と、なんて事のない狩りをしてた時期が一番楽しかったと思います。
殺伐とした中で中々ワイワイやれなくなった(度重なるフレの引退で…)MHFと比べてしまうと、ついゴーストリコンばかりやってしまいます。
仕事を何とかしてようやくMHFをやり込めるところまで来たのに、インするパワーが他に行ってしまってます。

まぁ…MHFも重要な作業中であり、私がやり残した最大の記事を作成中ですから悩ましいところです。ぼちぼちエンジンかけて行こうと思います。

本当にただの雑記になってしまったw

それでは皆さま楽しい狩りを♪

あと少し…あと少し

しばらくMHFにイン出来なかった訳ですが、仕事の効率化をガッツリ進めて毎日3時間くらいのゲーム時間を確保しました。ZAKUです。
なんともならないと泣いてましたが、なんとかなるものです。

救いだったのは週に1日割と仕事が少ない日があった事です。
この日…実はずっと『遅れ』を取り戻す日でした。
そこで労働基準法的に言えないところまで仕事を詰め込んで片付け、遅れを取り戻す日を『先の仕事』を進める日に転換する事に成功しました。

たいがいの問題なんて言うのは問題に気が付いた時点で半分は解決してるもの…後はやるかやらないかだけ!

今回の仕事と言う問題点は1ヶ月かかりましたが、解決出来ました。

あと少し…

あと少し頑張れ俺!w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。