スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正式名称圧縮リロード…後はフレーム数だけや!

正式名称は圧縮リロードらしいですね。ZAKUです。
すでにテストデータで弾威力が解析されています。

弾威力は半分になり装填数全弾を撃つ仕様のようで、実弾は1発しか飛ばない(処理落ち防止だろう)
貫通弾7発撃てるヘビィなら威力値35×3Hitとなる。普通に7発撃てば威力値の合計70×3Hitとの比較になる。さらに圧縮リロードからの射撃には1Hit20の固定ダメージがある。

貫通弾Lv1の7発装填で威力値35なら1発圧縮リロード撃てる時間に4発撃てるなら普通に撃ったほうが強い計算になる(固定ダメージは無視してある)…どう考えても4発は不可能だが、普通に撃った場合は圧縮リロードと違い7発までは連続撃ちが可能なので、圧縮リロードが次リロードしている間に2.38発撃てるので後は圧縮リロード分と反動関連で変わりそうですが、圧縮リロード撃ちの方が単純DPSは高そうだ。
ただ、圧縮リロードは弾消費が激しくなるので、調合時間も多くなるし、弾切れも起こりえるので計画的に扱う必要がありそうです。
※これが通常弾Lv1の変更点につながるのか?(ガンナーなら計算して弾切れ無いように錬金含めて工夫するけどな!)

で…通常弾は反動関連で差が無いなら貫通弾に属性弾が最適には変わりなさそうだ…まぁ排熱なら通常弾3は生きそうです。13発装填出来る排熱ヘビィならイケメンになれる!つまり真っ黒なあの子が本命かなw

G級のランクも色々分かって来ましたが、ランク毎に装備補正がかけられてるようで…ランク毎に装備を作れ的なヤツらしいですね。
ぶっちゃければ攻撃にさえ補正が掛からなければどうって事は無いが、もちろん攻撃にも補正はがっつり掛かる訳ですがw
この辺についてはテスターの方々が意見をバッチリ言うからきっと修正されると…

信じたい。

それでは皆さま楽しい狩りを♪
スポンサーサイト

再リロード撃ち…夢の果てに

再リロード撃ちの動画がいくつか上がったてますね。ZAKUです。
PVでの再リロード撃ちは反動大でしたが、弾種と反動スキルにより反動を抑えられるみたいですね。

さて、その再リロード撃ちですが、リロード時間の延長に反動と含めてダメージ効率的なメリットがあるかどうかがポイントになる。
G級での防御力が過去のガンナーのように紙装甲になるためリスクに対する対価がDPSやや上昇では使えない。どうなんだろう?
マイナスのダメージ補正が入ってなければ使えそうだが…

そして…

通常弾3の再リロード撃ち嵐の型溜め撃ちで排熱ゲージ8〜9割溜まると言う排熱好きにはたまらない情報も…事実動画では3ラスタで4発排熱を放っていて、ほぼ5発目が撃てる状況だった。

通常弾3の強化と合わせてG級アップデートでは排熱も生きる道がありそうです。

全ての数値がそろったらダメージ計算してみたいですね。

それでは皆さま楽しい狩りを♪

MHF-Gの修正について(感想

通常弾の強化…これで良かったんじゃなかろうか?ZAKUです。
ライト・ヘビィガンナーはGでの仕様変更に謎が残るものとなりましたねw

そんな訳でZAKU的解釈でこれらを推測してみました。
通常弾3のみの強化…これは通常弾1と2はあくまで小型モンスター対策の弾丸と運営は見ている。
逆に言えば通常弾3は対大型と見ている…つまり貫通並みの威力に調整されるのかな?

そして不評を集めるのは通常弾1をポーチに関係無く持ち込む…と言う変更点だ。弾種を変えるリロードの際に一手間増えるからw
で、何故こんな調整なのか…つまりG級モンスター相手に現行覇種ボウガンでは弾切れを起こす想定なんじゃないだろうかw

後は通常弾に新モーションがどう絡んで来るのか楽しみです。貫通弾の装填数で劣るヘビィが活路を見出せる感じの調整を期待したい。

そして最後に共通の変更点でG級では根性が効かない。これは有りである…が、気に入らないのは狩人応援コースだ。
根性効かないから狩れないなら買ってねってか!
MHはもっと投げっ放しで良いですから…

狩れない?
なら練習して狩れ!

これくらいでw

私…2Gで初めてのティガ狩猟はソロハンターってのもあって、1週間毎日失敗し続けました。
当時はデスパライズ(麻痺片手)に爆弾という色々突っ込みたい狩猟スタイルでしたねw

で…初めて狩猟成功した時にモンハン面白い!ってなったのを覚えてます。

運営さん…もっとハンターには厳しく来い!かかって来い!

それでは皆さま楽しい狩りを♪

TPSからエイム技術を学ぶ

久々の更新お待たせしました。ZAKUより。
仕事が忙しく…そして何よりおっさんになり体力が無くなってきた事からインが厳しいw
Gがきたらテンション上がったりして頑張れるかもしれませんがw

さて、ガンナーにとって永遠のテーマ『エイム力』について考えてみました。
ガンナーはクリ距離の正確な距離感と狙う弱点部位に正確に当てるエイム力で火力を出します。
クリ距離については散々書かれてきたし、書きました。ではエイム力についてはどうだろうか?
モンスターの行動によって当てれない部位は出てくるものの、次点の弱点等を考えて狙う事はできます。問題はモンスターの当たり判定は意外と見た目通りでは無い事です。
代表格は尻尾ですね。見た目尻尾でも上側は背中判定がかなりあります。尻尾下側をしっかり狙う必要がありますから、正確で速いエイム力が必要になります。

で…エイム力とは?

狙う場所にカーソルを合わせる力である。ただし動く相手に対してのエイム力はこれに予測する力が加わる。

題名の通りこのエイム力をTPSから学んでみます。(MHのガンナーはTPSですがw

まずは下記の状況です。
相手はこちらに気付いていませんが、私が誰かに捕捉されていない保証はない。また、仕留めるのに時間がかかると逃げられたり、反撃されるため速さと正確さが問われます。相手は強い強度のボディアーマーを持つライフル兵と仮定して素早く倒すため狙う部位は頭だ!
※胴撃ちだと4発は必要で、相手のアサルトライフルがこちら工作兵の軟弱な胴に2発突き刺さったら死にますw

エイミング1
エイミング2


ここで画像の相手をどう見たか…これがエイム力の大きな差を生む事に気が付きました。

ぼんやりと全体を見ながら頭を見た人と、頭しか見なかった人といると思います。
エイム力は手の操作レベルだとばかり思いましたが、操作は目の情報から行なわれる。つまり目から正確な情報を取った人は正確で速いエイムに…不必要な情報も取ってしまった人は正確なエイムにするのに時間がかかる。

見方一つでエイム力は変わる。
私はゴーストリコンでこれを学びました。

動く相手でも同じで、動く先をイメージしながら狙う部位にのみ集中する…つまり動く先をイメージ出来るかどうかなので、これは経験値の問題ですね。

後は貫通弾の貫通して行く斜線を合わせてイメージ出来るか…これも経験ですねw

経験に勝るもの無しですが、見方一つでエイム力は向上します。(私は変わった…ような気がしますw)ぼんやり全体を見ている方は是非お試しあれ♪

それでは皆さま楽しい狩りを♪

ご愛読いただいている皆様へ(いないかw

中々忙しくてインどころか、ブログ更新も滞ってしまってます。
毎日100〜200の訪問があるのに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
明日には更新できる予定ですのでお待ち下さい。

ZAKUより。

覇種テオの立ち回りと弾抜け

覇種テオへ行ってきました。ZAKUです。
さらりとソロで様子見したらHCテオとあまり変わらないので、みなもと飲んでPTに突撃しました。
本気モードになると広範囲攻撃を仕掛けてきますが、ガンナーはさほど問題なさそう。ただ、爆炎の削りが激しいのに気づかないでチンタラ歩いてたら乙る恥ずかしい事にw
ちょっと練習してみなもと無しで遊ぼうと思います。

さて、そんな覇種テオには燦然で行きました。玄鷹・狙熱射・燦然とハンマーと言うPTでしたね。
で…3種違うヘビィボウガンでしたが、全員弾速度速いなので気にしながら見ていました(自分の弾抜けを意識しながら
サイズ次第ですが、貫通1はさほど問題無いですが、貫通2はかなり4ヒット目が抜けてました。

下記の絵はテオを貫通2で撃ち抜く射線のイメージです。(もちろん絵心無し…

上から見たテオ
テオ弾抜け

横から見たテオ
テオ弾抜け2


①は横から見たテオの通り尻尾に当たらないと4ヒット目が抜ける事が非常に多いイメージ。テオの尻尾はブレス時意外は下に下がっているため水平撃ちでないと尻尾には当たりにくい。

②は斜めを貫通させる射線だが、貫通1でさえ危ういイメージ。弾速度遅いなら貫通1は安定か?

③④⑤翼→背中→翼や頭→背中→翼と貫通させる射線だが、翼の当たり判定が見た目より薄くて貫通2は弾抜けするイメージ。

⑥弾速度速いでも弾抜けする事無く撃ち抜けて、弱点の尻尾を通る射線。横から見たテオの通り射線角度が下からやや上に抜くので、尻尾から貫通2でしっかり抜けるイメージです。

ガンナー募集が多い覇種テオですから3人から4人ガンナーなら誰かは⑥の射線を押さえたいところですね。

立ち回りとしては付かず離れずの位置キープをします。

HCモーションはチタンフレームの旅やガチソロでの立ち回りを参照して下さい。
で、覇種モーションのみ記載。

溜め突進は距離を取るように移動しながら突進が来るまで引きつけて回避する事でクリ距離を速くキープ出来る。

溜めブレスはサイドまで移動してしまえば問題無い。その後の爆破に対してはクリ距離キープとフレーム回避を合わせてやる。

空中ブレスはサイド又は後方まで移動するだけ。

踏みつけ爆破はガンナーの距離なら無視かな。

3連爆破はテオから離れて3連目だけフレーム回避してクリ距離キープ。

こんな感じだろうか?w

割りとマジで攻略法を書くと…

後ろ取れ!w

それでは皆さま、楽しい狩りを♪

P.S
何故燦然を担いだかと言うと…爆撃弾を撃ちたかっただけですw

弾速度調査ラスト

弾速度調査ラストです。

弾速度調査3のヒット間隔差をどう捉えるかです。

そもそもヘビィボウガンはライトボウガンと違いサイレンサーが無く弾速度の基本は速いのである。故に大きな差は出ない。また、弾速度を落として武器スペックを下げると5発に1ヒット抜ける計算でさえカムイが玄鷹に負けるほどダメージ差がある。
弾速度が速かろうが関係ないのではないか?と考えても不思議では無い。

しかしモンスターを撃ち抜く時には弱点や立ち位置を考えるとだいたい同じ角度で撃ち抜く…つまり弾抜けが5発に1ヒット抜けではすまない。こうなるとカムイが玄鷹を喰う事になる。

つまり最終的にはそのガンナーの感覚が全てになる。

散々数値化しまくったのにプラシーボ含む体感かよ!って話しですw
しかしモンスターハンターはモンスターに与えるダメージを公表していません。狩場で体感し、ハンターの感覚で狩る事を優先しているからです。

モンスターの撃ち抜く射線をイメージして弾速度からベストなヘビィをチョイスする…そんな楽しみ方があっても良いかと♪

ちなみ排熱バレルなら弾速度落とせますね。

排熱頑張れw

それでは皆さま、楽しい狩りを♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。