スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

ご無沙汰してます…ZAKUです。
まさかの交通事故で入院しております。

iPhoneでなんとか近況報告を書いていますが…右手がスクラップになってしまってるのでつらいです。
命あってなによりですが、しばらく何もできそうにないです。(リハビリすれば全身元通りにはなるそうです)

ちょっとつらいんで今日はこのくらいにしておきます。

それでは皆さま楽しい狩を♪
スポンサーサイト

韋駄天 ゲリョス亜種(作戦思考3)

ペルヴァノヴァが作れません。ZAKUです。
ババ素材にひどく苦戦しております。でも今日あたりサクッと引いて韋駄天に向けてパワーを溜めたいところです。
 
さて、なぜ作戦思考3なのかというと忘れてはいけない計算を見逃しまして…
今回の韋駄天ゲリョス亜種について最高ダメージ効率を出す方法がヘイトホーン貫通弾Lv1となる可能性についてです。
ペルヴァノヴァ通常弾Lv2は65dです。
ヘイトホーン貫通Lv1は頭・首・胴(腹か背中)の3ヒットさせると45d・25d・10dで計80dとなります。
仮に頭だけクリ距離で首・胴が遠距離だった15d・6dとなり67dとなります。
数値上だけ見れば圧倒的に貫通弾Lv1です。
そもそも頭・尻尾・首以外は弾が全然効かないので貫通弾のダメージ計算をするのを忘れていましたw
 
①体力4200防御率0.75の個体の場合
ヘイトホーンで首・胴が遠距離だった場合のフレーム数は下記の通り。
防御率含めると33d+11d+4d=48dとなるので60発10リロードで撃ち切って2880d
通常弾Lv2は39dとなり34発4リロードで1326d
合計4206d 94発(2444F)+14リロード(868F)=3312F
 
ペルヴァノヴァ通常弾Lv2は防御率含めると48dとなります。
4224d 88発(2288F)+10リロード(720F)=3008F
 
フレーム数304F差でペルヴァノヴァ通常弾Lv2優位になります。
 
②体力3850防御率0.9の個体が来た場合は下記のとおりです。
ヘイトホーンで首・胴が遠距離だった場合のフレーム数は下記の通り。
防御率含めると40d+13d+5d=58dとなるので60発10リロードで撃ち切って3480d
通常弾Lv2は47dとなり8発1リロードで376d
合計3856d 68発(1768F)+11リロード(682F)=2450F
 
ペルヴァノヴァ通常弾Lv2は防御率含めると58dとなります。
4224d 67発(1742F)+8リロード(576F)=2318F
 
フレーム数132F差でペルヴァノヴァ通常弾Lv2優位になります。
 
この結果だけ見るとペルヴァノヴァ優位に見えますが、貫通弾の首・胴は距離補正1.0の計算となっています。
①の304Fの差は弾数にして13発となりますのでダメージ換算すると通常弾で442dとなります。この差を貫通弾の首と胴のクリ距離補正で解消しようとした場合は全弾頭と首はクリ距離で20発は全ヒットクリ距離という厳しいものになります。
 
しかし②のフレーム数132F差は弾数にして6発となりますのでダメージ換算すると通常弾で282dとなり、首と胴のクリ距離補正で解消しようとした場合は頭と首のクリ距離ヒットが13発あればいい事になります。これなら現実不可能ではない数値になりますね。
 
これによって防御率と体力によって正解武器と弾種が変わりそうです。
ペルヴァノヴァは睡眠弾が使えますねのでアイテムによってはほぼ正解になる可能性もありますね。
 
何が言いたいかというと…よく分からなくなってきましたwww
 
それでは皆さま、神速の狩りを♪

韋駄天 ゲリョス亜種(作戦思考2)

韋駄天についてまとまりましたので報告いたします。ZAKUです。
今回からちょっと方針を変更しようと思います。方針の変更についてはいままで結果が出てないじゃないか!というのが理由です。
いつもはダメージ計算をしてモンスターの特徴を考えてベストはこんな感じかな?と思いつつ後はやってみて変更してきたわけです。しかし、一番冷静に分析している「今」よりベストな事はそうそう考えられないと思いました。
実際に韋駄天が始まるとベストかどうかではなく、やれるかやれないかで判断し始めてしまいます。今回はブレない心で行きたいと思います。
とは言え、始まらないと分からない情報もあるのでそこは始まってから作戦を構築します。つまり防御率や体力を考慮したアイテム戦略は最後に上乗せる形ですね。
 
で、今回のゲリョ亜種ヘビィの正解弾種は排熱弾と言いたいのですが、レア度3なんで通常弾になるでしょう。
理由はHC武器のベルヴァノヴァとその他HCヘビィには決定的な差があります。それはスロ2で弾強化が付けられるという事です。前回作戦思考でヘイトホーンを上げていた理由は散弾Lv2を対抗として考えていたからです。
飯を攻撃大にして弾強化ありのベルヴァノヴァで通常弾Lv2をゲリョ亜種の頭にぶち込むとダメージは65dとなります。これに対して飯を攻撃大ヘイトホーンで散弾Lv2をばらまいた場合頭が15dとなります。つまり4ヒットすべて頭に集弾してもベルヴァノヴァの通常弾Lv2には追い付かない訳です。(弾強化がなければ全ヒットで散弾が上回ります)つまり最高タイムは絶対に散弾ではなくなってしまう訳です。
ベルヴァノヴァは装填速度に少し問題がありますが、ベルヴァの通常2装填数は9発でヘイトの散弾は6発なので、装填速度の差は埋まってしまうと思います。
 
後は怯み値管理と正確な射撃との勝負となりそうです。
ちなみにレア度3なのでおそらく下位個体となるでしょう。体力4200防御率0.85の個体だとしても通常弾56発で終わります。高速韋駄天となるでしょうからアイテムはすべて罠と読んでいます。
 
ここまで書いちゃっていいのかって?
 
いいんです。
 
だってこれが正解だとは限らないし、正解だとしてもタイムを決めるのは腕ですからね。
 
私はこれが正解だと信じて突っ走ろうと思います。
で…本当にこれが正解でまた10位以内になれなかったらへこむ訳ですねwww
 
さて、後は上位のババ素材か…行ってきますw
 
※この記事は私の正解であって本当の正解とは異なるかもしれませんので、あくまで参考程度にどうぞw
 
それでは皆さま、神速の狩りを♪

MHF Xbox360・攻略ブログ

韋駄天 ゲリョス亜種(参戦思考)

属バン頑張ってたら来客で終わってしまいました…ZAKUです。
でも調合術大取れたし、よしとしておきますwww

さて、韋駄天50回記念大会はゲリョ亜種のようです。なぜ記念大会にゲリョなのか…
今回から300位以内だとHCチケが50枚もらえるらしいのでヘビィだけでなく色々やって稼ごうと思っていますが、基本ヘビィの順位を上げることに注力したいと思います。

ゲリョ亜種は弾肉質が頭90・尻尾80・首50です。もうやることは見えてますねwww
場所が新闘技場という事なので、またアイテムがあれこれあるかと思います。ゲリョの防御率と体力しだいですが、アイテムが対ハンター用の罠なのかどうなのかという判断を誤らない事が大切ですね。
また、今回からは100位まで公式に載るようですが…まぁどうでもいいですね。どの道私の思いは1位にあり、10位以内が目標ですからね。

武器はヘイトホーンかベルヴァノヴァといったところでしょうかね。
何はともあれベルヴァノヴァは無いので…HCババにHCデュラへ行ってきますw

それでは皆さま、神速の狩りを♪

MHF Xbox360・攻略ブログ

ヘビィガンナー中級講座5

さらりとテンプレ変更してみました。ZAKUです。
ライオンさんがいい感じなのと、白地に黒文字がやっぱり読みやすい…そんな気もしたので変更してみました。

さて、久々の中級講座ですが、これは排熱弾推進委員会として初仕事をしようという訳で書いてみました。「排熱運用技術講座」です。

排熱噴射機構の特徴
・ バレルによる攻撃力の低下(ヘビィバレルとの比較)
・ 弾速度の低下(不利になるとは限らない)
・ ブレ幅の増加(ヘビィバレルとの比較)
・ 排熱弾が使用可能になる

不利になることばかりですね。でもそれをすべて受け入れてなお、排熱弾を使って火力を出せれば問題ない訳です。
ここで思い出してほしいのが、毒麻痺撃ち時代のヘビィは本当に強かったの?という事です。わずか2~3発しか装填できない毒麻痺弾を主力にしていたヘビィの火力は実はそんなに高くない。当時から貫通撃ちの方がDPSは高いケースの方が多かった(ドラ天比較)
でも毒麻痺が流行ったのは貫通撃ちに近いDPSで撃ち込む部位はどこでもいいし、毒と麻痺を取り続けられるというのが魅力だっただけなのだ。(肉質の問題もあるけど…)

無いものねだりしてもしょうがないが、代わりになるものがヘビィにはある。
それが排熱弾だと思う。毒も麻痺も取れないが肉質無視なのだ。この肉質無視である事を真に理解する必要がある。【どこの部位に当てもダメージは同じ】なのだ。しかも発射までにラグはあるが角度をつけて自由に撃ち込む部位を決められるあたりはガンスより優秀である。
ここで「なら全ヒットできるように」撃つポイントを…と言いたいところだが、それは間違っている。MHFは共存ゲームであり仲間がいる事を忘れてはいけない。

狙いは下記のポイントを参考に考えてほしい。
・ 近接の仲間に当たらないように
・ 部位破壊
・ 怯み耐久値の低い部位を狙う

まず近接の仲間に当たらないようにという理由は書く必要もないが、せっかく排熱弾を撃ち込んで大ダメージを与えても、仲間を吹き飛ばしてしまい仲間が出すはずだったダメージ損が出ては排熱弾を撃つより貫通弾を撃ち続けたほうがマシということになりかねない。
では仲間に当たらないようにするためにはどうするか…
それは角度と距離である。この単純な2つのポイントを狩場で鮮明にイメージする事が大切。
排熱絵
※絵については本当に申し訳ないと思ってるw

ただ、これを見て分かると思うが角度が同じでも距離が違えば仲間には当たらないのだ。
逆に距離が離れすぎると今度は排熱のヒット数でエイムを取った場合にモンスターが鬼のように走ってしまうと言うことは忘れてはいけない。
またモンスターが小さくて上を狙えない場合についても対策はちゃんとある。
モンスターに接近して間に近接を入れなければいいのだ。そしてこれはどのモンスターにも言えるが、近接ではモンスターに近づけないシーンが必ずあるので、そこを狙えばいい。
モンスターの攻撃に対して自分の安置とモンスターの移動経路を覚える必要があるがこれが一番効果的だったりする。

続いてやはり肉質無視を大いに生かすのが部位破壊である。
剛古龍は剛翼の関係で翼破壊は昨今当たり前になっているが、それ以外のモンスターでも部位破壊されて困るモンスターは少数しかいない。(尻尾斬りや甲羅破壊による時間延長)
つまりどんどん破壊してやれ!

続いて怯み値の低い部位ですが、これは各モンスター違うが排熱弾で怖いのは撃っている最中の反撃やモンスターの移動です。これを手っ取り早く解消する方法が怯み耐久値を覚えてしまう事です。当然仲間に当たらないが最優先なので毎度それができるわけではないが。頭の片隅に入れておくと役に立つことが多々ある。

これらを守った上で可能な限り全ヒットを目指せばいい。排熱としての火力ではなく、チームとしての火力が大切であり、排熱は部位破壊と怯みでチャンスを作れると思えばいい。

そして最後に…

世の中にある選択肢は最終的に「やる」か「やらない」しかない。
「できない」という選択肢など無い。空飛びたければ飛べばいい。
でも~○○で…という言い訳はいらない。やりたいならやればいいのだ。

でも排熱は減算するし→撃ち続ければいい
でも排熱全ヒットしないし→当てればいい
でもキャラバン面倒だし→やれよ!(はい!すいません。暴れ撃ち頑張りますwww)

それでは皆さま、楽しい排熱ライフを♪

MHF Xbox360・攻略ブログ

ヘビィガンナー物語 中章~絶島の絶望と希望3~

前回記事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-245.html

ポルルはコールとデュラガウアの依頼を受けた。
デュラガウアはポルルの地域でも生息していたため何度か狩猟していたためこれも無難に終わらせた。
デュラガウアを狩猟しつつポルルはリディアと森でデュラガウアと遭遇した時を思い出していた。よくもこんなモンスター相手にカッターナイフで立ち向かったものだと…。

さらに今度はべルキュロスの依頼を受けた。
ベルキュロスは知らないモンスターだったのでポルルは右往左往し、必殺の滑空アタックを食らってしまい一度撤退する事になった。ポルルが回復してから狩猟を再開し、なんとか討伐に成功した。
コールがスイスイ避けては極長ランスでガンガン攻撃するのにポルルは圧倒されていた。

 コール「ベルの攻撃も2度目には完璧に避けるとは…ほんとやるね」
 ポルル「いやぁ…ボサッと飛び上がったのに見とれてしまっていました www 」

この時ポルルはバックなら1発目も避けたかもな…っと少し思った。

ポルルは4 ヶ月ほどコールと色々な狩りに出て経験を積んでいた。そしてそのころにはメゼポルタでもよく声をかけられるほど有名になっていた。ポルルは周りから認められれば認められるほど本来ここにはバックがいたんだよなっと思っていた。バックならもっと有名になってたんだろうなっと…

ポルルはある週末に何もしないで寝ていた。すると町が騒がしくなったのに気がついた。
外に出ると巨龍襲来のビラが配られていた。どうやら定期的に町付近を通る巨大な竜がいるようだ。
コールがいたので詳細を聞くと数名のハンターで巨龍のコースを曲げて町への侵入を防いでいるようだ。
ポルルはさっそく巨龍討伐隊に参加した。新型のベルキュロスのボウガンを装備して…
作戦は巨龍の右側から遠距離部隊が射撃してコースを曲げて行くというものだった。ポルルはこの時考えていたのは討伐できないのかという事だった。

巨龍の足音が聞こえ始めてその姿を見た時にポルルは何故コースを曲げる作戦なのか理解した。それほどに巨大な竜だった。
ラオシャンロンと呼ばれる山のような竜を相手に 20 人の討伐隊は射撃していくが距離が遠いためダメージは確認できない。しかし、少しずつコースは曲がっていっていた。

ポルルは母のノートを思い出していた。
ボウガンは適正距離で撃てばどんな相手でもちゃんとダメージを与えられる。
ポルルはラヴィエンテに比べれば近づけるレベルだ!と思い討伐隊長に言った。

 ポルル「俺…接近します!」
 隊長「意味が無い!変なリスクを冒すな!」
 ポルル「ボウガンは適正距離で撃てばどんな相手でもちゃんとダメージを与えられる」
 副隊長「こいつ…討伐する気か!」
 ポルル「討伐できれば色々分かる事もあるし、何より一番住民が安心できる!」
 隊長「頭イカレてやがるな…」

ポルルは作戦の変更はないと思ったが、隊長が声を張り上げる。

 隊長「全員射撃停止!前進…前進しろ!」

この合図で全員ボウガンの適正距離に入り射撃を繰り返すとラオシャンロンは明らかにダメージを負い始めた。
ポルルは射撃とリロードを繰り返したが、火薬による熱によって射撃が止まるようになっていた。中には排熱弾を使用する者もいたが、ポルルは排熱噴射機構を装備していなかった。それはポルルの弾丸にたいするこだわりもあった。

1 時間にわたる一斉射撃で全員疲労し始めていた。

 ポルル「腹だ!腹が柔らかいです!」

ポルルは弾丸が激しく飛び交う中、どの部位が一番柔らかいのか確認していた。

 隊長「よし!全員腹を集中攻撃しろ!」

20 人いるヘビィ・ライト・弓の遠距離部隊が腹を集中するとラオシャンロンは悲しげな雄叫びとともに地に沈んだ。
討伐隊は全員で雄叫びをあげた。

この日の夜は見た事も無いほどの壮大な花火が上がる祭りとなった。

つづく

ヘビィボウガン補完計画

最近寝落ちがすさまじい事になっています。ZAKUです。
昨日に至ってはXbox起動してローディングしつつ寝転がってiPhone触っていたら朝になっていましたw
 
気がつくともう11月が終わろうとしています。きっとこんな感じでもう年末…そう言っている1ヶ月後の自分が見えてきますね。
 
さて、ヘビィボウガン補完計画とは私がMHFヘビィで遊ぶ計画です。
この計画は3つの企画で成り立っています。
1.トルマリン計画
2.暴れ撃ち計画
3.排熱弾推進委員会設立計画
 
トルマリン計画は遅れを見せ始めていて現在FX3部位にFレベル4に通常レベル3でHC素材はすべて確保していますので後は魂だけという状態です。序が60枚程度に中は200枚ほどですべて終わりますので年内にフルFXにはなるかと思いますが、フル強化は厳しそうです。この計画はヘビィの非排熱装備を100%トルマリンにしてしまおうというものです。
 
続いて暴れ撃ち計画はフル強化トルマリンでラヴィエンテに行きまくってCPを溜めてパローネぶち込みまくって暴れ撃ちを取る計画をしています。ラヴィエンテでCP稼ぎするのは理由もあります。それは進化ヘビィが襲来した時に一気に完成させるためです。実は今までもちょくちょくラヴィエンテに参加はしていたのですが、その撃はほとんど使っていません。楽しみだw
 
最後に…排熱弾推進委員会設立計画です。
これは剛防具等によるスキルが爆発する今現在でも印象が悪い排熱弾。F.3でカンスト緩和とその他補正内容によっては、排熱弾は絶滅するでしょう。しかし…この排熱弾を絶滅させるわけにはいかない。対弾肉質が非情な数値になっているモンスターは多いのだ!ここで普通なら打撃か斬を選ぶんでしょうけど、私…ヘビィガンナーですからwww
そんな訳でF.3までに排熱弾推進委員会を設立して4鯖内の排熱弾を守り抜く計画です。
4鯖の排熱ガンナー達よ今こそ立ち上がれw
 
さて…週末はひたすらHCガノ変に弾丸と排熱撃ちこむ作業に専念するかwww
 
それでは皆さま、楽しい狩りを♪

各装備紹介の補足

排熱装備でも書きましたが、防具やスキル構成というのは自分がどれだけその防具やスキル構成を信用できるかだと思います。ZAKUです。

防具やスキル構成は個人差があって当たり前だと思う。

仮に自分は咆哮回避バリバリだから耳栓系統無くして特5火事場装備の方が自分は火力が出せるという思いに自信(他人に何を言われようと折れない芯)があればいい。回避性能や耐性や高防御がなければ自分はオチすぎちゃって…というならそういう装備でいい。プレイスキルなんて差があってあたりまえだし、上手ければどうこうなんてルールはこのゲームには存在していない。あっても韋駄天の賞がもらえる程度の物。
格闘ゲームなら相対する対戦相手とのプレイスキル競争だが、このゲームは仲間と共存するゲーム。

個人差があるから面白い。

自分が納得しているのならスキル構成が同じになってもいいと思う。でも「本当はこうしたいけど…みんな○○担いだらこの構成だし…」というのは間違っていると思う。

個人差があるから面白い。

社会人なら分かると思う…この社会は個人差という異質を基本認めたがらない。
だからゲームの世界くらいそんなつまらないしきたりや価値観を捨ててほしい。
当然人と交流があるゲームですからマナーは必要です。でもゲームの装備にマナーなんてない。

地雷?地雷で結構だ!自分なりに考えて楽しんでいる。そしてそれは自分なりに自信を持っている。
他人に評価されるためにゲームしている訳ではない。そういう思いが大切だと思う。

見た目装備でもいいじゃないか!コムラダが可愛いからコムラダでクエに行く!その可愛さに自信があればいいのだ!コムラダを着る上で自分は全力でスキル構成を考えた!と自信を持てばいい。(ホントあれ可愛いわw)
エロ装備を着るために自分は全力でスキル構成を考えた!と自信を持てばいい。
これホントエロいわwww(スキル構成も個性がありつつ私的にもすばらしいと思った)
エロ1
※ちゃんと撮影許可取ってますwww

私の装備紹介はヘビィガンナー向けにそんな思いで書いています。
自分ならこの装備の○○を○○にしたら自分に合ってて良いかも…っと参考にしてほしいです。
(こんなカス装備参考にならねぇ…って思われたらそっとタグを閉じてくださいw)

それでは皆さま、楽しい狩りを♪

非排熱用装備

装備紹介を2点ほどアップします。ZAKUです。

この装備はHB用装備で、非排熱時に私がほぼ使う貫通用装備ですね。

武器スロ1
頭 超絶のピアスⅥ
胴 ファランF
腕 エクエスFX
腰 ストレガFX
脚 エクエスFX
カフ 精密射撃
装飾品 音無G・針穴珠G・針穴珠・反動G・残り剛力珠

スキル 超高級耳栓・龍風圧無効・攻撃大・見切り3・火事場2・狙い撃ち・貫通弾強化・装填速度1・装填数・反動軽減2

ほぼ貫通弾が主力になる状況ではかなり火力がでると思います。超耳なのでHCに対応していて、龍風圧が意外と助かるシーンが多かったりもするので個人的には満足しています。またFXを3部位(ストレガはFでも可能)使用しているため防御力が高いので火事場使用時に雑魚の攻撃でオチる事もなく使いやすいです。ただ、ネカフェ装備や課金装備の充実によりこれと同じ構成で大4や特3といった物もありますので現状最高スキルではないですね。
これについては満足していませんが、トルマリン作成中なのでグレードアップ予定は今のところないですね。


続いて通常弾用装備です。

頭 超絶のピアスⅩ
胴 ファランF
腕 シャランF
腰 ストレガFX
脚 エクエスFX
カフ 精密射撃カフ
装飾品 毒瓶G・反動G・針穴珠×3・残り剛力
スキル 超高級耳栓・攻撃大・見切り3・火事場2・通常弾強化・狙い撃ち・反動軽減2・装填数・餓狼・はらへり倍加大

通常弾用装備ということでチタンフレームSPを担ぐこと前提で餓狼が入っています。つまりSP補正・見切り3・餓狼で会心率100%にしてやろうっていう作戦です。
決してライト用ではありませんので…これに真冥雷銃【金糸雀】や怒髪弩級【海猫】でアババするためではないので間違えないでくださいね。反動Gを使ってるのは装填数のためですから!麻痺弾のためじゃないですよ。

続いて散弾用…と言いたいところですが、これは暴君テオSPでググったらほぼ同じ装備が出てきますので割愛しますw

それでは皆さま、楽しい狩りを♪

アイテム使用の思考

スーパーストリートファイター4 AEを始めました。ZAKUです。
始めたと言っても友人の家でちょっとやっただけですけどね。で…私の格ゲー歴はストリートファイターZERO2で止まっている。
でもまぁ…なんとかなるだろって思っていましたが、オンライン成績20戦20敗(オールストレート負け)というありさまで友人から「俺の成績悪くなるからもう戦うなw」っと言われる始末でしたwww
負けず嫌いな私はヘビィなら負けネェ…というなんともしょうもない捨て台詞を吐いてその場を終わらせましたが…
今度ソフト買って友人をボコってやるぜ!っと真剣に考えました。で…まず強くなるにはソフト買って練習…の前に動画で勉強しようという作戦に出ました。
検索すると「ウメハラ」なる単語が大量に出てくるので何かと思ったら…プロハンでした。いや、プロハンは違うかw(ちなみこのウメハラさんは世界大会で優勝しているらしいです…怪物やんw)
本物のゲームプロ(スポンサーとのプロ契約)がいると言うのにも驚きましたが、驚くべきはその技術でした。どの動画でもHPギリギリまで追い込まれているケースがかなりあるのですが、かなりの確率でまくっています。もしかすると…火事場ないけど、火事場みたいなのを楽しんでいるのか?とさえ思ってしまいますねw
参考になる動きも多々ありましたが、要所でみせるコンボや間合いの取り方というか空気が…理解不能でした。
うん…やっぱり俺はヘビィ担いでモンスターと戯れてる方が会っているなwっと思います。
 
さて、前談が最高に長くなってしまったわけですが、今回は最近お気に入りのスキルが早食いというのもあってアイテム戦略を思考してみました。
 
まずクエスト時間短縮という事を前提に火力で持ち込まれるアイテムについて羅列してみます。
大タル爆弾G
鬼人薬
鬼人薬G
怪力の種
怪力の丸薬
 
罠関連は思考不要かと思いますのでポイします。無条件で攻撃できる機会を作り出せるのに対して設置時間はわずか数秒という事で上手く活用すれば効果があるモンスターには100%効果があります。閃光玉も同じですね。
 
まず爆弾です。これはあまり持ちこまれないアイテムですね。
大タル爆弾Gの威力は150固定です。ボマーで威力アップしますが通常のクエではボマー発動は難しいのでこれは無視します。同時に2つおけるので同時起爆300という事になります。たとえばモンスターに接近して直置きのローキックをした場合に出る150dのDPSは、テネブラ非火事場で大3狙い弾強化の貫通1を1発肉質30に撃ちこむと93dですから低いと言えます。しかも撃つとしかも自分は吹き飛ぶはダメージ受けるわ見方も巻き込みやすいわで悲惨な事になる事が多いので使えないですね。
では…1エリア討伐が難しい相手で、逃げられた後に待ち伏せにしかけたらどうだろうか?2個置いて300dという数値をモンスターが登場したわずか1秒で出せるのでこのDPSはどの武器カテゴリーでも超えられないでしょう。
連戦中に爆弾関連を上手く使ってくるハンターさんがいるとレベル高いなと思ってしまいますね。
 
続いて鬼人薬と鬼人薬Gです。この2つのアイテムの特徴は1回飲めば落ちるまで効果が持続します。
効果は鬼人薬が武器倍率+3で鬼人薬Gが+5です。この二つのアイテムは同時に飲んでも効果は一緒になりませんが鬼人薬Gはアルビノエキスが必要なので私のようにフルフルのHC素材でハマッた方でないと中々使えないという弱点はありますね。またこの効果は食事の攻撃効果大と同様で効果は一緒にならないので注意が必要です。
端数切り捨てダメージ変わらずという事が多くありますが、1d増えるケースもあるので効果は0ではない。単純に飲む時間は最初の数秒なのでクエが1ラスタ程度で終わるものでなければ是非とも飲みたい代物と言えます。
 
最後に怪力の種と怪力の丸薬ですが、怪力の種は武器倍率+10で怪力の丸薬は武器倍率+25です。上記鬼人薬と効果は重複します。
効果時間があるのでこれは少し考える必要があります。まず怪力の種は3分間効果が持続します。怪力の種使用時と未使用時の大3狙い撃ち弾強化のDPS(3分間で肉質30)を比較しました。実はこの怪力の種も端数切り捨てで効果無しの場合が多々あります。今回でもそのケースとなってしまいますね。という事で上記鬼人薬と併用で検証しました。
3分間5400F リロード62F 射撃26F 7発装填 3分間154発と32F余り
怪力の種未使用 31d×3h×154=14322d
怪力の種使用 32d×3h×154=14784d
ダメージ差462d
およそ5発分の差となりますので約3秒(リロード含めず)という事になります。つまり武器しまって種飲んで…っとまでやるほどの効果ではありませんね。エリアチェンジのモンスター待ちの時や早食いを活かして回復のついでに飲むというのが良い活用方法かと思います。10ラスタなみのクエとかになると、持ち込み数の事を考えると大タル爆弾Gより持ち込み効果は高くなるのでタフな野郎と戦う時は是非どうぞwww
 
怪力の丸薬は20秒しか効果がありませんが、その効果は攻撃力アップ大より高いです。
20秒間600F リロード62F 射撃26F 7発装填 3分間15発と24F余り
怪力の種未使用 31d×3h×154=14322d
怪力の種使用 32d×3h×154=14784d
ダメージ差462d
怪力の種未使用 31d×3h×15=1395d
怪力の種使用 33d×3h×15=1485d
ダメージ差90d
こちらは1発分でダメージ差をペイできてしまうので非効率すぎる結果となってしまいますね。片手剣や秘伝ライトの場合はこれをガンガン飲みながら戦えるので有効に使えそうですが、ヘビィには不向きのようです。
 
こうして見てみると鬼人薬と怪力の種…常備したくなってきますねw
ちなみにこの例はあくまでヘビィの話であって攻撃アクション値が高い他の武器だと効果や効率が変わりますのでご注意ください。
 
余談ですがクエ開始直後に排熱溜めて戦闘復帰玉で戦闘参加するという驚異的なアイテムの使用をしていた方もいましたね。効果は抜群だと思います。(みんなが移動している時間に攻撃効率を上げているようなものですね)
MHを楽しむ上で色々なアイテムを独自の使い方を思考してみるとちょっと違った狩りができて楽しむ事ができるかもしれませんね♪
 
それでは皆さま、楽しい狩りを♪

ヘビィガンナー物語 中章~絶島の絶望と希望2~

前回記事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-244.html

ポルルは古龍観測隊に発見され気球でメゼホルタまで移動していた。
※古龍観測隊とは街に古龍が襲来すると天災ほどの影響があるため、古龍の動向を確認するため日夜上空から観測する隊で、知識だけでなくハンターとしても一流が多く所属する。
 
 観測隊員「まさか絶島から煙信号がくるとはねw」
 ポルル「絶島?」
 観測隊員「あそこは過去に天災で生命が絶滅した島なのさ…だから絶島と呼ばれているよ」
 ポルル「…」
 
ポルルはメゼポルタに到着すると求人案内を見ていた。知らないモンスターがたくさんいる事に驚いていると早速声をかけられた。
振り返ると見た事もない長さのランスを担いだ男がいた。
 
 ランスを担いだ男「何か予定ある?なければエスピナスの狩猟にいかないか?」
 ポルル「私でよければいいですよ」
 ランスを担いだ男「決まりだな。俺はコールってんだ、よろしくな」
 ポルル「ポルルと言います。よろしくお願いします」
 
ポルルとコールに双剣使いに大剣使いの4人でエスピナスの狩猟へ出かけた。
ポルルはコールが盾を持っていない事が気になっていたが、どうやら左腕は病気で全く動かなくなってしまったらしい。ポルルはコールからこの話を聞いた時にコールの事を信頼した。なぜなら自分も右腕が怪我によって肩より上に上がらなくなっている事を克服するためにかなりの努力をしていた。左腕が全く動かないのを克服するのにどれだけ努力したかを考えたら胸が詰まる思いだった。
 
樹海に到着するとメンバーはテントを立てて休憩した。
 
 コール「まぁ定番の怒らせて麻痺ってところかな?」
 双剣使い「頭の破壊は俺がやるよ」
 大剣「俺は尻尾か」
 ポルル「え…っと、エスピナスの狩猟はじめてですwww」
 コール「うぉ!マジか…異国の新人だったか」
 
この後ポルルはコールにエスピナスの事を教えてもらった。
翌朝メンバーは樹海の中心に到着するとエスピナスを発見した。
全員で総攻撃をしかけるとエスピナスは目を覚ますが我関せずとノシノシ歩いている。
ポルルはこの光景に少し和んでいたが状況は一気に変わる。
 
 コール「そろそろ怒るぞ!」
 ポルル「はい、麻痺弾撃ち始めます」
 双剣・大剣「了解」
 
コールの宣告どおりエスピナスは怒り吠えると、ポルルは計算値どおり麻痺を取る。
ここで落とし穴にはめてさらに麻痺を奪うと一気に総攻撃をしかけた。
しかしここでエスピナスが落とし穴から飛び出すと、驚異的なスピードで突進を展開する。
このスピードにポルルは驚きつつも避けながら麻痺弾を撃ち込んだ。
双剣使いが被弾し大剣使いがガードでしのぐも負傷する。
 
エスピナスのスピード感は狩り場を支配し始めていたが、コールがギリギリで避けては腹を突くという攻撃にエスピナスがたまらず怯んだ。
ポルルはその瞬間にメンバーに声をかける。
 
 ポルル「麻痺取ります!」
 コール・双剣・大剣「了解」
 
エスピナスがポルルに突進するとポルルは避けることなく麻痺弾を正面から撃ちこんだ。
メンバー全員がこの行動に驚きつつも総攻撃をして角、腹、背中を破壊する。
エスピナスの麻痺が解けると同時に大剣が尻尾めがけて渾身の一撃を加えると尻尾の切断に成功した。
 
その後暴れ回るエスピナスに睡眠弾を撃ち込み寝かせると、シビレ罠にかけて捕獲した。
 
 コール「ポルルよく麻痺弾正面から撃ったな」
 双剣・大剣「麻痺すると確信してたのか?」
 ポルル「いや、そろそろかなってw」
 コール「たいした度胸だwwww」
 
こうしてポルルはメゼポルタ初の狩りに成功した。
この時コールはポルルの度胸・射撃精度・始めてのエスピナスで避けきって見せた反射神経に大きく引かれていた。

 
つづく

ヘビィガンナー物語 中章~絶島の絶望と希望~

はい、お待たせいたしました。いや…待ってないって?そう言うなよ。(ナニコレ)

そんな訳でヘビィガンナー物語の中章となります ~絶島の絶望と希望~
前回記事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-232.html

ポルルは故郷を離れてメゼポルタという巨大都市に向かって運搬船に乗っていた。
周りには武器を持ったハンターらしき人はいなかった。
航海は順調で後2日でメゼポルタに到着するところまで来ていた。

天候は晴天で雲ひとつない状況だが、乗務員達が何やら騒ぎ始めていた。
一人の乗務員がポルルのところにくると救急救命具を手渡しこう言った。

 乗務員「申し訳ありませんが先方に渦潮があり、この船体は飲みこまれます。おそらく深海のモンスターによるものかと思われます…ご武運を」

ポルルは茫然としていた。なぜならポルルは泳げなかったからだ。

何故こうなった…何故この船なんだ…何故俺が…そんな思いでいっぱいだったが、無情にも渦潮に船体がハマると船体は中央から折れて海へ沈んでしまった。
ポルルは救命具と船体の一部にしがみついていたが、船体の一部で頭を強打して気を失ってしまった。
そしてポルルは夢の中でバックと会っていた。

 ポルル「バック!!!!」
 バック「よう…世界一のヘビィガンナー目指すんだって?曖昧な目標だなw」
 ポルル「お前の夢も同じだろ」
 バック「どうしたら世界一になれると思う?」
 ポルル「そりゃ…ん~」
 バック「世界一の事を成し遂げればいいんだよ」
 ポルル「そのまんまかよ!それが分からねぇんだろw」
 バック「お前はその機会に恵まれた」
 ポルル「!」
 バック「俺は後悔してない。みんなを助けるために命を落とした事もそうだが、なによりお前が俺の意思を次いでくれたからな」
 ポルル「俺は…」
 バック「何も言わず行って来い。世界一のモンスターがお前を待ってるさ」

バックは笑いながら消えて行った。

 ポルル「バック!」

ポルルはバックが言っている意味が分からなかったが、目を覚まして浜辺にいるあたりとりあえず生きている事は確かだと認識した。
ポルルはひょっとしたらバックがこの島に自分を導いてくれたのかもしれないと天に向かって一礼した。

そして島の住人を探すために島を一周したが誰もいない無人島のようだ。森や川などがあるのにモンスターが一切いない事にちょっとした違和感がありつつも、ポルルは火をおこして煙信号で助けを呼ぶ事にした。
ポルルは暖を取りながら夢の中でバックと話していた事を思い出していた。
世界一のモンスターがお前を待ってるさ…この一言が気になったポルルは翌朝もう一度島を回ってみる事にした。
翌朝島の一番高い山に到着したポルルは周りを見渡していた。
するとポルルの目には信じがたいものが映った。

山の上から見ているのにも関わらずポルルは山の下で動いている龍がはっきりと見えた。遠近法をぶっ壊すサイズだ!

ポルルはヘビィを握りしめて下山してその龍に接近したが、その強烈な威圧感に後ずさりしてしまった。
何とか戦闘しようとするも、モンスターが動くたびに大地は揺れ、雄たけびは天をも切り裂くほどで戦うことはおろか、龍に自分の存在を気づかせる事さえできなかった。
間違いない…バックが言っていた世界一のモンスターはこいつの事だと思いその場を後にした。

浜辺で煙信号を出しつつあのモンスターをどうやって仕留めるかを考えていたが、多数の優秀なハンターが必要だという結論に至った。
ポルルはメゼポルタで腕を磨きつつ、優秀なハンターといっぱい知り会うという目標を立てた。いつか…ここに戻ってあの巨大なモンスターを倒すために。
ポルルは最後の終着点という思いも込めてこのモンスターにラヴィエンテと名付けた。

余談だがポルルの元に助けが来たのはこれから2週間も先だったw

つづく

韋駄天ヒプノック繁殖期(結果)

今日は連続アップます。ZAKUです。
さてまずは韋駄天ヒプノック繁殖期の結果です。

え…え~っと99位でした。どんだけダメやったんだって話ですね。
正直に白状するとモチベーションが維持できなくて3回しかやっていませんでした。申し訳ない…真剣にやっていた方々に本当に申し訳ないです。いつもの自分はタイム更新→順位と評価から作戦を変更するかそのままでPS勝負するかを決めていました。それが今回できなくて、しかもみょうにタフいヒプノックで…もぅ。
とにかく言える事は今回の順位は99位という私の戦績過去最低だったという事実ですね。次回はもう少し頑張ろうと思います。

今回勉強になったのは一か八かのタイムアタックを何回も繰り返せる韋駄天というシステムの場合、簡易標準はあまり向かないという事です。
普段私はスコープを覗く事はほとんどありません。何故ならモンスターの挙動と同時にPTメンバーの位置を把握したいという私の立ち回りにおいてスコープは不向きだからです。しかし、スコープ画面での標準操作は緩やかに動くため繊細な微調整が可能になります。
韋駄天の性質を考えたら、失敗したらリタすればいいだけですからスコープを覗いてもっと正確な射撃に心がける事の方が大切なのかもしれないですね。いや…そもそも2つの操作を使いこなしてこそガンナーなのかもしれないですね。

精進したいと思います。

それでは皆さま、神速の狩りを♪

攻撃力特大排熱装備

排熱装備でも妥協する事なく欲張ってみました。ZAKUです。

祭りは4鯖赤だったので負けてしまいました。ただ、個人的に1300魂しか入れてないので勝ち負けよりも団メンバーに申し訳ない感じですね。
なんにしろ皆さまお疲れ様でした。

さて、またまた排熱装備です。
剛防具を使った根性仕様、装填速度仕様(剛防具効果無しでも戦闘可能)、秘伝仕様、攻撃スキル欲張り仕様(桜さんのHP参照)と紹介してきましたが、今回は剛防具効果維持と攻撃スキルを混合した物となります。

見た目は胴に加えて脚も紫になったので少しまとまりました。頭の黄色は…
特大装備1

武器スロ1
頭 フェローバンダーF
胴 オカミ【胸あて】
腕 エクエスFX
腰 ストレガFX
脚 プペンF
カフ 砲術カフ
装飾品 集中G4個・反動G2個・大砲G1個・大砲珠3個・怪力珠3個

スキルは下記の通りです。
超高級耳栓回避性能2・早食い・攻撃力特大狙い撃ち・貫通弾強化・集中2砲術神・装填数・反動軽減2
特大装備2
特大装備3


根性仕様同様ほとんどのスキルが剛防具効果の影響を受けていますので回避性能と早食いを駆使して維持します。

見切りはありませんが攻撃特大を加えた事で下記のように威力はUPします。
前回記事と同じ条件でダメージ計算すると27d×3=81(60発で4860d)
※前回記事 http://4312941.blog94.fc2.com/blog-entry-241.html

攻撃を特大にして弾威力を底上げしつつ、排熱フルスキルは外さず、でも剛防具効果維持も捨てないようになっています。
個人的には満足してますw

これで排熱装備は状況別で整ったので、心置きなくHB仕様にトルマリンFXを完成させたいと思います。
(現在4部位目をFからFXにしています)
頑張るぜw

それでは皆さま、楽しい狩りを♪

究極の排熱装備

タイトルのとおり究極の排熱装備について思考してみました。ZAKUです。
一部の方々からヘビィガンナー物語はよwっと言われているのですが、ちょっと物語の構想が変わってきているのでもうしばらくお待ちくださいwww

さて、排熱を使う前提でヘビィガンナーがほしいスキルは上げ始めたらキリがないです。でもスキル枠の関係で必ず10個までしか発動できません。だから各ガンナーの趣味やセンスが装備に出やすいので色々な方の排熱装備を見るのが楽しかったりするんですけどね。

で…私の考える究極の排熱スキルは超高級耳栓・攻撃大・見切り3・貫通弾強化・狙い撃ち・砲術神・集中2・装填数・装填速度1・反動軽減2です。

え?攻撃も見切りもいらんってあれだけ言っておいて?と思われるかと思いますが、いらないのではなく、付けられないという事です。スキルが10枠と限定されている以上は何かを切り落とさなくてはなりません。
攻撃見切りと回避性能や早食い等を比べた時にどちらが重要かを考えた場合に剛防具未使用なら攻撃見切りを取ります。剛防具使用なら回避や早食いを取ります。
剛防具を使う場合はダメージを負うと多くのスキルは効果がなくなり劣化してしまいます。そのため攻撃スキルの中でも比較的割の低い攻撃見切りを切り落としてでも剛防具効果維持を優先するべきだと私は判断しています。
しかし、回避性能も早食いも補助スキルであってなくても被弾しなければいいのですから、究極の排熱装備は攻撃見切りを突っ込むべきだと思っています。

いや…本当の究極の排熱装備はみんなの心の中にあるのかもしれない。(何コレw)
まぁ冗談抜きにして究極の装備とは自分が納得しているかどうかだけだと思います。自分の中で確立する何かがあって、その装備を信用しているならそれが究極の装備という事になります。たとえそれが見た目装備でもです。

そんな中、私なんかのブログをリンクに追加していただいております桜さんのHPに良い装備があるので紹介したいと思います。

剛防具を使用していますが、発動スキルは超高級耳栓・攻撃特大・見切り4・貫通弾強化・狙い撃ち・砲術神・集中2・装填数・装填速度2・反動軽減2です。攻撃性能はまさに私が見据えている究極の排熱装備と言っていいでしょう。
装備内容については以下のリンクからどうそ

http://blog.daletto.net/aisia/archives/195371.html#more

剛種防具2部位使用しているので回避性能がなくても割とストレスなく運用できるかもしれません。これは…いいかも♪

特4まであるとどの程度違うのかという比較は以下の通りです。
条件はテネブラで貫通弾Lv1を使用。肉質30で狙い撃ち弾強化はデフォルトとします。

HB装着攻撃特大・見切り4・火事場使用 42d×3h=126d(60発で7560d)
HB装着攻撃特大・見切り4・火事場未使用 32d×3h=96d(60発で5760d)
HB装着攻撃大・見切り3・火事場使用 40d×3h=120d(60発で7200d)
HB装着攻撃大・見切り3・火事場未使用 31d×3h=93d(60発で5580d)
排熱噴射装着攻撃特大・見切り4 29d×3h=87d(60発で5220d)
排熱噴射装着攻撃大・見切り3 28d×3h=84d(60発で5040d)
排熱噴射装着攻撃見切り無し 25d×3h=75d(60発で4500d)
排熱噴射装着攻撃大・見切り3(狙い撃ち無し) 24d×3h=72d(60発で4320d)
排熱噴射装着攻撃見切り無し 21d×3h=63d(60発で3780d)

特4まであるとHBの大3非火事場との差がかなり埋まりますね。ただし剛防具効果が切れて大3狙い撃ち無しになると大3無し狙い撃ちにも劣ってしまうので、どれだけ特4狙い撃ちをキープできるかがポイントになりそうです。
逆に私の攻撃と見切りを捨てた装備は狙い撃ちが無くなったら見るのが痛いほどダメージが落ちますね。ここも腕次第な訳ですが、回避性能と早食いがあるので長い時間キープしろって事ですね。

特4排熱装備か…一丁持っておきたいところですね。

さて、稀珠のストックはあと1個しかねぇな…ニャキ担いで入魂してくるかwww

それでは皆さま、楽しい狩りを♪

早食い排熱装備3

これがアップしておきたかっただけなんです。ZAKUです。

見た目は下記のとおりですが、白さがまぶしいですね。頭の黄色がちょっと残念w
トルマリン2部位1

武器スロ1
頭 フェローバンダーF
胴 ブリッツ
腕 エクエスFX
腰 トルマリンFX
足 トルマリンFX
カフ 砲術カフ
装飾品 大砲G×1、音無G×2、集中G×4、針穴G×1、針穴珠×1、睡眠瓶G×1、反動G×1

スキル 砲術神超高級耳栓回避性能2・重銃技【達人】・集中2狙い撃ち反動軽減2・早食い・装填数・貫通弾強化

トルマリン2部位2
トルマリン2部位3

はい、重要なスキルのほとんどが剛防具の影響を受けるリスキーな感じですね。根性のパターンから重銃技【達人】にしただけというものです。
回避距離・回避性能2という避けることに関しては最終形態となっています。ひたすら避けてくださいwww
もしやっちゃっても早食いでフォローできます。
まぁ、回避距離が必要な相手って・・・あんまりいないんですけどねw

珠の数で分かると思いますが、トルマリンFXはレベル1でいいですからヘビィ好きなら意外と早い段階で行けます。
また、早食いも回避もいらんっというなら、天空のピアスで調合成功率30と装填速度1を追加して見た目をすっきりされてはどうでしょうかwww

また、トルマリンFXがレベル7なら非課金で同じスキル構成にできますし、同じカフを使用すれば反動Gを2個突っ込んでデフォルトで反動2にもできます。

ちなみにステップでテオとかの突進を避けられるので最高に楽しいです♪

それでは皆さま楽しい狩を♪

早食い排熱装備2

ヘビィガンナー物語のアップを予定していたのですが、ちょっと装備紹介を先行したいと思います。ZAKUです。

さて、その装備とは前回紹介したのは根性を入れた早食い装備でしたが、今回は根性が要らない相手バージョンです。

見た目はほぼ同じですが、胴がオカミになっているため紫がはえてしまってます…
オカミ1

武器スロ1
頭 フェローバンダーF
胴 オカミ【胸当て】
腕 エクエスFX
腰 ストレガFX
足 エクエスFX
カフ 精密射撃
装飾品 大砲G×1、反動G×2、集中G×4、針穴珠×1、残り大砲珠
スキル 狙い撃ち・砲術神・反動軽減2・超高級耳栓・装填数・集中2装填速度2・早食い・回避性能2・貫通弾強化
(青文字は体力100%維持の時)

オカミ2
オカミ3

狙い撃ちと反動軽減と装填速度1が体力維持できていなくても発動しているため、麻痺弾等が扱いやすく、最低限の火力は維持できるようになっています。
体力を100%維持している時は装填速度2になるのでドラ天でも最速リロード可能です。
ちなみにカフが無くてもブレ幅ダウンは発動しているので、完全非課金でも高い能力を発揮してくれると思います。

オカミシリーズを上手く活用しつつ課金装備を混ぜるとこのスキルの早食いと回避性能を捨てて、狙い撃ちをブレ幅ダウンにランクダウンさせる事で、攻撃大・見切り2(特大見切り3)を追加することも可能ですが、体力維持を可能な限り長くすることの方が大切なのでこのようにしました。
しかし、オカミシリーズ・・・なかなかやりますね♪

それでは皆さま楽しい狩を♪

早食い排熱装備

剛防具を使ったオススメの排熱仕様装備です。ZAKUです。
前回記事に書ききれなかったので書いておきます。

まずは大切な見た目ですが…
早食い3
頭がヘルメットに目えちゃって工事現場のおっちゃんみたいですが、意外と気に入ってますw

武器スロ1
頭 フェローバンダーF
胴 ブリッツ
腕 エクエスFX
腰 ストレガFX(Fでも問題なし)
足 エクエスFX
カフ 根性カフ
装飾品 大砲珠G、音無珠G、針穴珠、集中珠G×4、反動珠G1、残り大砲珠

早食い1
早食い2

スキルは下記のとおり(青文字は体力100%維持の時)
砲術神超高級耳栓回避性能2集中2反動軽減2・装填数・ド根性・早食い・狙い撃ち・貫通弾強化

回避性能2と早食いでかなり体力100%維持できます。この装備で色々クエにいきましたが、根本的に回復するシーンはほとんどなかったりするのですが、雑魚の奇襲やリロードミスで被弾した時に武器をしまってサッと回復できるので使用時のストレスはほとんどないです。

火力としては集中2砲術神の排熱パワーと貫通弾強化に狙い撃ちでかなりあると思います。
排熱を撃ちたい相手ならば基本肉質が厳しい相手になるので、狙い撃ちは必須。(計算上でも火事場しない大3より効果は上になります)

根性はカフとブリッツで付けてあるのでお好みで変更可能ですが、個人的には排熱で硬直するので根性を付けるといいかと思っています。(テオのブレスと勝負じゃぁ!)
防御力も500は超えるので根性が発動するシーンは意外と少ないんですけどねw

ちなみに腕をオカミ【大袖】にして胴をガルーダベスト【天】というのもありますね。

それでは皆さま、楽しい狩を♪

早食いスキルを導入してみる

うむ…風邪引きました。ZAKUです。
久々に熱が38度…いや38弩とか出て瀕死でした。なのでインして少しチャットして寝落ち→あいさつし直してチャットするも寝落ち→インした意味なくなっちゃうのが嫌だったのでHCモノブロス数戦して…結局寝落ちという数日間でした。
 
さて、HCチケットが残り1040枚しかないのでディア音ハメしつつアナザーでHCチケと剛チケを稼ごうという作戦を思いつき、指定に絡むSRは双しかないので水SPを作成(SR120なので無SPは無理)して音ディアに突撃しました。
音にはまって麻痺&スタン中にぐったりしているディアさんの首に乱舞改ループするだけのお仕事です。スキルも剛力、匠、業物2があれば後はなんでもいい感じなんですけど、部屋の飯によってはスタミナの関係で元気ドリンクを飲まなきゃいけなかったり大3で申し訳なかったりするので鬼人薬Gを飲んだり…っと結果早食いがあったら楽になるのかな?と思い双剣装備を見直しました。
 
防具をあれこれ見ていると良いのを発見しました。
フェローバンダーFです♪
ちょ…おまっ…今更ですかwww って突っ込みは無しの方向でお願いします。
早食い10、回避10、耳栓5にスロ2というすばらしい性能に迷わず溜めていたスタンプを解放して作製しました。
これにより高級耳栓、攻撃大、見切り3、火事場2、切れ味レベル1、業物2、早食い、回避性能1で空きスロ1という状況になりました。火事場切れば超高級耳栓にもできます…私の双剣ではどうあがいてもHCで火事場はできないのである意味HCでも対応できるって訳ですwww
 
私の双剣参考ブログである【狩りも仕事も趣味のうち】の著者であられる不知火さんもブログ内で早食いに装備を書いています。現在参考にしつつアクラFXやルコFXの作製を考えていますが、早食いを使ってみた感想としては不知火さんと同じように私も思いました。
 
早食い最高w
なんという快感なんでしょうかw
 
そんな訳でヘビィの早食い用装備を作りたくなってしまったのでご紹介してみます。(なんという前置きの長さw)
 
で…ヘビィを使用するにあたって早食いがほしい場面を考えると、高速火事場か剛防具使用時かなと思いました。
と言う訳で、超高級耳栓、攻撃大、見切り3、火事場2、貫通弾強化、狙い撃ち、装填数、反動軽減2、早食い、体力-30なんてのを組もうとしましたが無理でしたwww
 
なのでヘビィ早食い装備剛防具排熱仕様を考えてみました。
 
考えた構成の最低スキルとしては高級耳栓、集中1、砲術王、貫通弾強化、ブレ幅ダウン、装填数、反動軽減1、早食い、回避性能1、根性といったところでしょうか?
 
フェローバンダーFとブリッツを活用すると結構簡単に発動させられるスキルですね。
剛力が不要の構成なので音無Gを使いやすく、耳栓をデフォルトで超高級耳栓にする事もできます。
 
剛防具は1部位だと発動条件が体力100%という厳しいものになっていますが、剛防具発動中は回避2になるのでかなり体力キープしやすいと思います。ランゴやガミザミの攻撃はステップ華麗に避けるべし!
そしてここからが早食い装備の真骨頂!もし被弾しちゃっても早食いによって体力100%を維持しやすくなります。
ただでさえ武器しまうのが遅いので回復時間だけでも短縮できれば恩恵は大きい…と思うw
さらに根性があるため即死しないです。これで剛テオのブレスに真っ向から排熱勝負できますね♪(できません)
スキルは色々変更できそうでしたが、個人的に排熱剛防具仕様としてはこれがいいのかなって思います。
スキル枠的にも弾強化と狙い撃ちが限界で剛力は付けられないし、必要ないしw
集中や砲術無くしたら排熱使わない方がいいし、特4とかにしたってそんなにダメージ変わらないし、それなら火事場するしw
 
武器を仕舞うのが遅いヘビィだと早食いの恩恵は受けにくいと思っていましたが、遅いからこそ早食いで回復する時間を削減できる事がとても大きく感じられますね。特に剛防具使用に早食いはとても相性が良いと思いました。
 
バレル交換の価格変更はよ!
 
それでは皆さま、楽しい狩りを♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。